スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / >>TOP
   花の慶次
2006/07/07(Fri)

20060707235825
ペディキュアを塗ってました~。


ひとりでペディキュア、ふたりはプリキュア。
こんばんは!連日泡盛でいいカンジです、めんそーれ!

以前、『足の写真は世界規模ではエロティック』と教えていただいたのですが、今日の写真もNGワード!(クイズ年の差なんて)
ちょっとビビッドな色にしようかな~と、今までベージュピンクだったツメをチェリーピンクに塗り直しました。(私は一つのマニキュアをつけると、しばらくずーっとその色で押し通すことが多いです)(このところずっとベビーピンクブームでした)(なぜならペディキュアがハゲても分かりにくいから!)

今日使ったのは、シャネルのマニキュアなのですが、

この色の名前が、『kabuki』と言うのです。


かぶき? って、歌舞伎?


フランス人にはこの色(チェリーピンク)は歌舞伎のイメージなのかしら。
こういう「外国の人と日本人との趣味趣向的違い」に気付いた時って、なんとなく嬉しくないですか?
自分が日本人であることも嬉しい。
その日本文化を、外国の方が噛み砕いて考えてくれているのが嬉しい。

私にとっては、歌舞伎は、朱色のイメージがあります。
11月の夕方の色って言うんでしょうか、あの赤に限りなく近いオレンジは日本ならではの色かな~って思うんですよ。



たまには私だってブログで叙情的なことを言うのだよ。



ちなみにタイトルは「歌舞伎と言えばこれだろ!」という理由から花の慶次。

スポンサーサイト
日々のドラマ / comment(4) / trackback(0) / >>TOP
COMMENT
-  -
はじめまして

わたしもぺディキュア塗りました☆

ピンク素敵ですよね!
2006/07/08 11:10  / URL / 華 #FbaXH9.Q[ 編集] >>TOP
- スルドイ! -
 私が知人の50代の人に「花の慶次」を読ませたら大感激でした。歴史シミュレーションゲームで彼がイマイチな能力しかないキャラなのが残念。
( ゜曲゜)キィィィ

「オレンジが日本の色」と感じるのは柿のイメージでは無いでしょうか。砂糖が貴重な時代、身近な甘味は柿でありました。何処の家でも柿を植えていたものです。和菓子でも柿の甘味に近づける事が職人としての技だそうです。そのイメージが日本人のDNAに刷り込まれているのですね。
 てな事を「美味しんぼ」で言ってたような。

 ちなみに足の裏の方がエロ度は高いようです。 
2006/07/08 17:49  / URL / ふひと #-[ 編集] >>TOP
- はくりゅうは歴史好き -
こんばんは。

花の慶次?ああ、前田慶次郎のことですね。歴史シミュレーションゲームで彼の能力がイマイチなのは、その存在があまり知られていないため。彼の存在について記されてる資料があまり見られないことから、実在していたことすら疑われているぐらいですからね。でも、実在していたことは確かなようで、花の慶次に書かれているような内容どおりの生涯を送っていたみたいですよ。

慶次郎の場合の「かぶき」は「歌舞伎」ではなく「傾奇」なんです。奇抜な行動をとることの多かった人ですからね。
2006/07/09 22:55  / URL / はくりゅう #5IWphqRI[ 編集] >>TOP
- お返事じゃ~ -
e-8華さん
はじめまして!チェリーピンクのペディキュアは足の肌の色もキレイに見えるのでいいですよね~!
華さんは何色に塗ったんですか?
今ブログ拝見しましたら、華さんはまつげ屋さんなんですか~!
先日、(会社のパソコンで)躍起になってまつげエクステの情報を検索していたのですが、結果見つからず、所沢に今すぐ駆け込みたい心境です。

e-8ふひとさん
私も『花の慶次』大好きでした~!「膝枕は縦の方が収まりがいい!」ということを花の慶次で学びました(学ぶポイントを間違えている気がします)。
さて話は変わりまして柿の話ですが、柿の色が日本の伝統的な色、そして味なんでしょうね。柿の甘味は懐かしい味がしますもんね~。私は種のまわりのゼラチン質(?)の部分が好きですi-277種からその部分をうまくはがせると「してやったり、私は柿を余すことなく食べつくした!」という幸せな気分です(笑)。

e-8はくりゅうさん
そうです、前田慶次郎です、昔ジャンプで『花の慶次』というマンガが連載されていたんですよ、作者は北斗の拳の作家さんと同じ方です。
おもろいマンガでした~。最近はこういう「取材きっちりやりました!」という本格マンガが少なくてマンガ読んでても物足りなさを覚えてしまいます。(マンガマニアの独白)
そういえば全然関係ないんですが、今日ボイスキューの建物入り口に滋賀ナンバーの車が停まっていましたi-33はくりゅうさんのような長旅を経て三島にいらした方なのかな~なんて思いながら眺めてみましたi-33i-203
2006/07/10 16:28  / URL / あや #-[ 編集] >>TOP
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


>>TOP

TRACKBACK
トラックバックURL
→http://ayaplaza.blog57.fc2.com/tb.php/131-7f87d7b0

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。