スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / >>TOP
   ブログといふもの
2008/06/03(Tue)
20080603083638


写真は番組テーマ告知ブログからの使い回しです。使いまわしだとう!お前は船場吉……って、危ない!危険球投げるところでした。

昨日会社に行ったらブログについての規定が誕生しており、

1.ボイスキューの放送以外の放送の話は書かない
 ↑ただしこれはボイスキュー専属パーソナリティに限った規定である(と思われる)。
2.他者への誹謗中傷をしない。
3.公序良俗に反するものはダメダメ
4.ボイスキューの質を下げるような記事を書かない
5.内容は自分のオリジナルであること(パクらないこと)

こんなような5点でした。(内容は多少ワタシ流に噛み砕いてあります)
全体的に「当たり前だよね~」と思える5項目です。

しかし…ワタシの眼前に聳え立つは4番。

4.ボイスキューの質を下げるような記事を書かない


…ドウシヨウ、ワタシ、トテモ自信ガナイヨ…((@△@;;)))

せめて何かの役に立つように!と、「そびえる」の漢字が「聳える」であったことを今日初めて知ったので(「従う」に「耳」と書くのか…深いぜ漢字)、そこだけ文字拡大してみました。
同じく「そびえる」の漢字を知らなかった皆様の役に立てた!!ような気がする!!

オタク日記上等!毎日がマンガでゲームでアイドルでほのかに甘くホリデイなワタシからすると、会社の質を下げる記事しか書けていないんじゃないかと思ってしまうんですが、だ、大丈夫です…よ…ね(消え去りそうな自信)。ワタシは十(とお)の頃からマンガ大好きマンガールですが、これでも一応年金や保険をちゃんと払っている社会の歯車でもありますゆえに…。

しか改めていろいろ考えると…ブログって難しいですね。
日記帳(アナログ)に好き勝手書いている分には、何の話を書こうがどんだけ下品なことを書こうが誰の質を下げようが、それこそ誹謗中傷しようがパクろうがどってことないのかもしれないですけど。(しかしこの手の日記は後で読み返して鬱になる確立99%…)
ワールドワイドウェブで公開している以上、人目に触れるものなのでモチのロン誰かを傷つける記事なんてとんでもないと思いますが、同時に公開する以上は面白い記事を書きたいと思いますし…(ワタシは多少毒ッ気のあるものを『面白い』と感じるので、いい子ぶった記事は書きたくないんだぜ!ぬゥ~すんだバァ~イクではぁ~しり~だす~~~!!)
日本の片隅でひっそりとやかましく(←矛盾)このようなブログを書いているワタシですら「うーむ」と頭を抱えるほどなので、著名人のブログっつったら、きっとものすごーーーーい大変なんじゃなかろうか。(ゴーストライター…という庶民の邪推はしばしおいておきます)
誰も傷つけず、面白く、オリジナルで、頻繁な更新…ざっと挙げただけでも聳え立つ(聳え…を、ささやかに太字強調)クリアしなければいけない項目が山のようだ。

そんな中、ワタシの一押しブログはこちらです。

架空升野日記

バカリズムさんのブログです。誰も傷つけないのに読み物として非常に面白い。
えっ、これ普通にOLさんの日記じゃあ…?と思うほど、妙にリアルで妙に等身大なんですが、

最近、「コズエ」さんに「コズ」とあだ名をつける人ってあんまり見かけないので、

その昭和のニオイがする辺りで、「あっ、バーチャルなんだな」と感じる次第です。
スポンサーサイト
日々のドラマ / comment(2) / trackback(0) / >>TOP
COMMENT
-  -
なかなか難しいですね。
 でも自分としては、特定の個人を攻撃したりしない限りは表現の自由というのは尊重されるべきではと考えます。
 もし自分が書いた内容において、「然るべき抗議(自分としては5W1Hが明確であることと考えてます)」が来た場合は個別に対応する必要はあると思います。
 ただ、批判を恐れて書き手が自主規制をするようになると、それこそ文化や社会の停滞を招くような気がします。
 現に日本社会がそうなりつつあるような危惧を感じております。
 誠に尊重すべきは、異なった考えを認めること。そこまで行かなくても排撃せずに無視してればいい。

 「物事は主流に居ては見えないこともある。傍流だからこそ見える事がある。
私の尊敬する渋沢敬三先生の言葉です。
2008/06/04 00:52  / URL / ふひと #-[ 編集] >>TOP
-  -
>>ふひとさん
正直、あんまり細かいこと気にせず書きたいです…
と言うのも、このブログはあくまでも『個人』が書いているものであって、このブログにお給料が発生している訳ではないので決して仕事ではないのですね。なのでプライベートを書くも、どんな内容を書くも自由ではあるんですが、「ボイスキューの高橋亜矢です」とプロフに書いてある以上、やはりこれも『ボイスキューの仕事』になるのかな…と思ったり思わなかったり思ったり。
あんまり内部の事情を書くのは良くないのかもしれないんですが、ワタシはそれ以上に「番組を聞いて下さる方、ブログを読んで下さる方に疑問のないよう務めたい」という思いがあるので、開示したいという気持ちが強いのですが…
なんだかふひとさんに愚痴ってしまいました、スミマセンi-229
いろいろと思い悩む中、渋沢先生の言葉がものすごーーーーく染みました…!ワタシの座右の銘にしてもいいですか…!傍流だからこそ見えることがある…かぁ…!いい言葉じゃ…!
2008/06/05 09:32  / URL / あや #-[ 編集] >>TOP
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


>>TOP

TRACKBACK
トラックバックURL
→http://ayaplaza.blog57.fc2.com/tb.php/502-cd629f7a

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。