スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / >>TOP
   苦言を呈する
2010/02/18(Thu)
またしても間が空いてしまった…。皆様、おひさし武士です。

昨日は何度目だろうか…執事喫茶に行ってきました。昨日担当してくださったのは昨年末に入ったばかりという新人さん(?)なのですが、なんだろう、この…いかがわしいことをしているような気持ちは。単にお茶を注いでもらったりとか。そういうことをされているだけなのに。いけないことをしているような気持ちになります。えも言えぬ罪悪感との戦いです。それ以外はカラオケしたりしてきました。あー楽しかった!

ところで、本日は、タイトルどおり『苦言を呈する』気持ちで参りました。
この1週間ほど、テレビの報道などを見ながら、ワタクシ大変不愉快な気持ちをしていたのであります。
それは何かというと、スノーボードの國母選手のことです。
公式の服装をアレンジ(?)して着用、これがいけなかったというのは、まぁ分からなくもないです。
でもワタシも知らなかったですよ、そんなルールがあったなんて。選手にも言ってなかったんじゃないの?「制服アレンジ、ダメ、絶対。」言ってなかったとしたら、言ってあげなさいよ、と思います。例えば高校の制服のスカート丈、決まってる学校もあれば特に決まってない学校もありますよね。決まっている場合は『校則』として生徒手帳に載っています。こうしたルールが載っている上で規則を破るのであれば、破った側にモラルがないと思いますし、記載がなかったのなら、「書いてないんだから仕方ないじゃん、守って欲しいのであれば最初から言えよ」と思います。
このところ結構ワタシもいろんな報道を見ていますが、そのルールが選手に明らかだったのかは曖昧なんですよ。だから正否がどこにあるのか、見ていて分からん。

で、まぁこのことはどうでもいいんですけど(どうでもいいことを長々語りおった!)、そこから先の報道はやりすぎじゃないかと思うんですよね…。「制服アレンジ、ダメ、絶対。」本人に言ったんなら、後はそれでいいじゃん。なんでその話題引っ張ってんの?しかも國母選手が開会式欠席したり、一部では出場辞退を要望する声があったりとか。ワタシにはそこまでみんなが怒る意味が分からない…どうしてみんなそんな風に思うのだろうか。

学生時代、少しでも可愛く見られたくてスカート短くしちゃった…☆
学ランの中に色Tシャツを着るのがおしゃれだった俺たちの青い春。

あの頃の気持ちを、ワタシたちはどこかに置き忘れてしまったのでは。と、思うのであります。世界の大舞台に出るにあたって、少しでもオシャレしたかった気持ちが腰パンだったんだよ。その気持ちはすごく素直なものだと思う。けど、それがルールに反してることであるのなら、「それはルールと違うよ」と教えてあげれば、後はいいだろうと思うのですが…。

「なぜ皆そのように怒るのだ」と思いながら、開会式を見ていたら、国別紹介、ペルーの紹介の時だった。

「えー、こちらは、ペルーですね。今回の参加選手は4名です、
 実はこのペルー、4年前トリノの時も出場予定だったのですが、
 大会関係者が選手名簿を提出するのを忘れ、出場できなかったんです、
 なのでペルー、今回が初出場になります!!」



…と、アナウンサーが言っていた。


日本人は金メダルより、ペルー国民のツメの垢をもらうべきだと思った。



でっかくいこうぜ、人生は!

スポンサーサイト
日々のドラマ / comment(0) / trackback(0) / >>TOP
COMMENT
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


>>TOP

TRACKBACK
トラックバックURL
→http://ayaplaza.blog57.fc2.com/tb.php/683-112c839d

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。